軽度認知症が改善しました

記憶力回復のためのブログ

アンチエイジングのコツ

calendar

reload

アンチエイジングのコツ

若返りホルモン

若返りホルモンとは老化現象と密接な関係を持つ成長ホルモンのことです。

脳下垂体から分泌され人体の成長や代謝などをつかさどります。

15歳から20歳の間に分泌のピークを迎え、その後は加齢とともに減少していきます。

その分泌量は40歳で20歳の時の約40%、80歳を超えると5%にまで減少してしまいます。

成長ホルモンが出なくなると心臓の機能が低下し、血流が悪くなる、新陳代謝が悪くなるといった悪影響が現れ、肌にも多大なダメージを与えます。

若返りホルモンの分泌を促す3つのコツ

加齢とともに減少してしまう成長ホルモンですが、実は自分で分泌を促すこともできるのです。

成長ホルモンをたくさん分泌させるためのカギは「睡眠」「空腹」「運動」です。

睡眠

成長ホルモンは睡眠中に肌の新陳代謝を活発化させたり、血行を促進して肌の老廃物を取り除いたりする働きがあります。

だから睡眠は美肌の維持、シミやシワの防止には欠かせないのです。。

睡眠不足や生活習慣の乱れは成長ホルモンの分泌を減らし、肌荒れなどの原因になりますので、規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠時間を確保しましょう。

睡眠が不足すると女性に大敵のクマができやすくなります。

空腹

人間の身体は、朝起床して日光を浴びると脳からセロトニンというホルモンが出て、交感神経が活動を始めます。

さらに1日の活動を始めると脂肪が燃焼する回路になり、空腹状態になります。

空腹状態になると成長ホルモンが増量し、若返り遺伝子である「サーチュイン遺伝子」が発動します。

さらに血管を掃除してくれる善玉ホルモンの「アディポネクチン」が分泌されます。

空腹状態になればなるほど、身体が肌の調子を良くしようと動き出します。

ですから、だらだらと間食するのをやめて、1日2~3回、きっちりと「お腹が空いた状態」を作ってあげることが大切です。

運動

若返りホルモンを分泌させるのに効果的な運動に「スローリフト」というトレーニング方法があります。

スローリフトとは、ゆっくりと、そのかわり途切れることなく行うエクササイズのことです。

例えば、ひざを屈伸させて立ったりしゃがんだりするスクワットを行う場合、太極拳のようにゆっくり立ち上がり、完全に直立する前に再びゆっくりとひざを曲げていきます。

この動作を10回ほど繰り返すと太ももがパンパンに張ってきますが、これが成長ホルモンの分泌を促す状態です。

このスローリフトを習慣化することで成長ホルモンの分泌が促進されます。

顔の若返りについては

顔のたるみの原因は実は「猫背」にあるというのです。

冬、寒くて縮こまってしまうと、肩をすぼめて歩きがちで、それが原因で猫背になってしまうのだそうです。
そうすると、太りやすい体質になり、顔のたるみの原因にもなるということでした。

なぜ猫背だと顔がたるむのか?

顔のたるみの意外な原因

骨にゆがみがあると筋力の低下を招くので代謝が悪くなり、やがて脂肪のつきやすい身体になっていくのです。

背筋を伸ばして歩いた時と、猫背で歩いたときとの酸素摂取量を比較したら、猫背で歩く方が背筋を伸ばした時より約10%も酸素を取り込む量が少ないのです。

若さを保つ秘訣は、意外にも生活習慣の中に数多くありました。

重要なのは、見た目年齢だけではありません。

当ブログのテーマは「記憶力回復」と「軽度認知症予防」です。

見た目も頭も心も健康で若々しく、年齢を重ねましよう。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す