軽度認知症が改善しました

記憶力回復のためのブログ

音読のすごい効果

calendar

reload

音読のすごい効果

音読のすごい効果

 

私が家で一人で行った認知機能訓練の一つ、音読のすばらしい効果についてお伝えしていこうと思います。

音読は、インプット(認識する)とアウトプット(表現する)を同時に行うことができます。
音読には脳の血流を増加させ、劇的に脳を活性化する効果があるのです。
それは年配の方の記憶力向上や、認知症の予防・改善法として成果を上げています
さらに、音読をすることによって頭の回転が早くなり、会話が上手くなるといったコミュニケーション能力を高める作用までもがあるのです。
このような効果によって、音読は頭が良くなる習慣・脳トレとして、注目されています。

 

音読によって鍛えられる脳の作用

 

音読をすることによって脳の記憶や学習、感情を司る「前頭前野」を鍛えることができます。

これ以上ない認知症予防であるばかりか、衰えた記憶力がアップします。

それだけではありません。コミュニケーション能力アップしますし、頭の回転が早くなるのです。

感情のコントロール(穏やかになりキレにくくなる・イライラしにくくなる)

状況に合わせた判断力(人間らしい行動を取れる・問題行動の抑制)
音読をすることによって、これらの機能を向上させることができ、「頭が良くなる」のです。
対して、声を出さないで読む、「黙読」も脳を活性化させる効果はありますが、音読に比べると効果が落ちます。

 

音読のやり方と効果的なコツ

 

10分間続けて行う
脳の活性化のためにも、毎日10分程度は続けるようにしましょう。

できるだけ早く音読する
読むスピードが速い方が、脳がより活性化します。また、リズムよく読むのも効果的
です。

同じ文章ばかり読まず違う文章も読む
脳は新しい刺激によって元気になります。

簡単な文章でも大丈夫
音読に用いる文章は、難しい文章でなくても大丈夫です。新聞・小説・童話・絵本・読経
なんでもOKです。
音読の仕方ですが、大きな声でする人や小さな声でする人など様々です。
ただ、しっかり発声するようにしましょう。
音読のアンチエイジング効果・うつ病の治療効果
音読することには、若返りと幸せのホルモン「セロトニン」の活性化にも効果があります。
それによって、うつ病の改善・予防や脳や身体のアンチエイジング効果も期待できます。
声に出して文章を読む、「音読」(朗読)
音読は、これに勝る学習法はないと言われています。
音読は、インプット(認識する)とアウトプット(表現する)を同時に行うことができます。
音読には脳の血流を増加させ、劇的に脳を活性化する効果があるのです。
それは何も、受験勉強中の若者だけのものでなく、年配の方の記憶力向上や、認知症の予防・改善法としても成果を上げています
さらに、音読をすることによって頭の回転が早くなり、会話が上手くなるといったコミュニケーション能力を高める作用までもがあるのです。
このような効果によって、音読は頭が良くなる習慣・脳トレとして、注目されています。
前頭前野の働きと音読によって鍛えられる脳の作用
音読をすることによって脳の記憶や学習、感情を司る「前頭前野」を鍛えることができます。

記憶力向上

会話が上手になる

頭の回転が早くなる

考える力・思考力向上

感情のコントロール(穏やかになりキレにくくなる・イライラしにくくなる)

状況に合わせた判断力(人間らしい行動を取れる・問題行動の抑制)
音読をすることによって、これらの機能を向上させることができ、「頭が良くなる」のです。
対して、声を出さないで読む、「黙読」も脳を活性化させる効果はありますが、音読に比べると効果が落ちます。

頭がよくなる、記憶力向上、メンタルにも効果、いいことずくめの朗読をぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す