軽度認知症が改善しました

記憶力回復のためのブログ

うつ病が招く認知症

calendar

reload

うつ病が招く認知症

スポンサーリンク

ストレス・うつ病が認知症や若年性アルツハイマーの原因となる

うつ病で苦しんでいる人が数多くいます、

誰もが皆、日頃、様々な刺激を絶えず受けています。例えば、ご飯を食べる、テレビを見る、会話するといった何気ないことからも刺激を受けています。そして、大部分の刺激は自然と処理されますが、一部の刺激は心理的ストレスとして残ってしまいます。そして、徐々にストレスが溜まることでうつ病などの病気を引き起こす原因となってしまうのです。認知症や若年性アルツハイマー病もその例外ではありません。

仕事のストレスが30年後に認知症発症に及ぼす影響は、認知症のリスクが1.57倍に高まる

高齢期のうつが認知症のリスクを約2倍に高める

これらデータが示すように、ストレスが神経細胞にダメージを与え認知症や若年性アルツハイマー病の病変を加速させてしまうのです

ストレスが加わると、コルチゾールというストレスホルモンが副腎皮質から放出されます。このストレスホルモンが脳内で働くと、神経細胞にダメージを与え、記憶力が悪くなるのです。さらに、ストレスホルモンは、アルツハイマー病の原因であるアミロイドβの沈着を加速し、認知機能を低下させることも分かっています。

つまり、ストレスは、アルツハイマー型認知症や若年性アルツハイマー病の病変形成を促進する可能性があることを示しています。

スポンサーリンク

うつ症状で認知症のリスクが倍増

うつ病

うつ状態が、認知症や若年性アルツハイマー病に与える影響は計り知れないそうです。高齢期のうつが認知症のリスクを高めることが、研究により分かっているとのことで。このようなデータがあります。

認知症全体では1.85倍

アルツハイマー型認知症は1.65倍
脳血管性認知症は2.52倍

アルツハイマー型認知症よりも脳血管性認知症の方が、発症初期にうつ症状が高頻度な事と合致します。また、認知症や若年性アルツハイマー病の前段階である軽度認知障害(MCI)の段階でうつ状態だと、認知症への移行率が倍増すると言われています。

まだ、他にもこんなデータがあります。

高齢者にうつがあると2倍も認知症を発症しやすい
若年性アルツハイマー病やレビー小体型認知症の初期にはうつになり易い

このように、うつと認知症や若年性アルツハイマー病には深い関係にあります。うつ病の自覚症状があれば、すぐに治療を始めることが、認知症や若年性アルツハイマー病の予防や治療に繋がると言っても過言ではないでしょう。

うつ病は適切な治療を受けることで治癒するケースが多いようです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す