ノルディックウオーキングの効果

90歳で足腰達者ボケ知らず

私の伯父はコンピュータは独学で勉強し、プログラマーレベル。90歳にしていささかもボケずシャープでクリア。そして足腰達者。
どうすればそのような理想の年齢の重ね方ができるのかと、ずっと不思議に思っていたのですが、ある時メールで教えてくれました。
毎日のノルディックウォーキングだけは、どんなことがあっても欠かしません。と。
ノルディックウォーキングの効果を調べたらそのそれはすごいものでした。
早速、amazonでノルディックウォーキングのポールを、夫と私の分2セット購入しました。
実際に行って認知機能訓練としてのすごい効果を実感しました。それもそのはずで
「通常のウォーキングよりも健康効果が期待できる」と注目されているのがノルディックウォーキングです。

ノルディックウォーキングのすごい効果

負担が軽く、効果の高いフィットネスウォーキングです。
ポール使用だから腰への負担を軽減します。
膝の関節・脊髄への負担を約5kg/歩軽減。正しい歩行姿勢の場合は約8kg/歩までの負担を軽減します。

リハビリや年配の方にも

手術後のリハビリに効果的
ウォーキング時の負担が軽いため関節やヒップ部分の手術後、また一般的なリハビリにも効果的なエクササイズになります。
*但し、必ず医師に相談の上で行なってください。
年配の方々にもおすすめ
ポールがバランス維持をサポートし、転びにくい歩行へ。姿勢や呼吸も整えられ、血液循環システムを活発にします。
ポールを持って歩くことにより姿勢が良くなります。。
腰痛予防に効果を発揮
オフィスワークの多い方の腰痛防止に、街中でも、いつでもどこでもできるエクササイズとして最適です。
ジョギングや普通のウォーキングでは‥‥と考えている方々に、ノルディック・フィットネスウォーキングは理想的なスポーツです。

専用のポールを持って歩くことで

下半身だけでなく、腕や背中の筋肉を使うため、歩くだけで実に体の90%の筋肉が使われるので、普通のウォーキングよりも歩幅が広がり、消費カロリーも約2~3割多くなるのだそうです。
ポールに慣れるまでは、河川敷や公園の遊歩道など、人が少なく歩きやすい道でチャレンジするのがおすすめです。
ウォーキングを習慣にしていた人でも、同じ時間だけ歩いても運動効果が高まるそうです。
紫外線を浴びるとシミやシワの原因になるうえ、疲労しやすいので対策をしてください。
両手にポールを持つため荷物はウエストポーチやザックで携帯するようにして、斜めがけは左右のバランスがくずれるので避けましょう。
ノルディックウォークはスピードも出るので、強度と安定性のある専用の靴を用意してください。
私は自宅近くの散歩コースで、夜間に行いました。紫外線を気にしなくて済むのと、他にはノルディックウオーキングをしている人を見かけなかったからです。
1日30分程度のノルディックウォーキングで私は認知機能が劇的に改善しました。
活字で読んだことを記憶できるようになり、人の名前とモノの名前を思い出せるようになったのです。
これには感動でした。
若年性認知症や軽度認知症が気になっている方にオススメです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る